<STYLE TYPE="text/css">

お知らせ

「外貨でのショッピング利用に伴う事務処理手数料」改定のお知らせ

弊社では、お客さまの海外でのショッピングご利用において、安全・安心・快適な決済サービスをご提供すべく、日々サービスの維持・強化を図ってまいりましたが、昨今の海外におけるクレジットカード取引の環境変化、および海外取引に関連するコストの増加などに伴い、従来どおりのサービスを維持・強化することが厳しい状況となっております。

つきましては、長らくの間、外貨でのショッピングご利用に伴う事務処理手数料を据え置いてまいりましたが、以下の通り改定させていただくこととなりました。

お客さまにとって、今後も海外旅行に役立つクレジットカードとして、更なるサービス向上に努めてまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、お願いいたします。


| 海外取引に関わる事務処理手数料の改定内容と具体例


事務処理手数料とは
外貨によるカード決済が行われた際、海外取引に関わる事務処理費用として弊社が設定する手数料。
  • ※日本語表記のインターネットサイトや通信販売などであっても、外貨でのお取り引きとなる場合があります。
  • ※本手数料は、会員規約にも記載しております。

改定内容


手数料の改定時期
2020年4月1日(水)以降にVisa Worldwide、Mastercardで処理された売上より改定(適用)します。
  • ※手数料の改定時期は、お客さまのクレジットカードご利用日と必ずしも一致するものではございません。
  • ※3月31日以前のご利用分でも改定後の事務処理手数料が適用される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

会員規約改定について

弊社では2015年4月に会員規約を以下内容へ改定しております。
現時点でカードの切替え・更新が到来していないお客さまにおかれましては、改定後の会員規約がまだお手元に届いていない可能性がございます。つきましては、本ご案内をもって改定内容をお知らせいたします。

■ 改定内容

改定前:1.63% ⇒ 改定後:所定の費用

■ 改定箇所(以下条文の赤字部分)
◆四国VISAカード会員規約
第17条(海外利用代金の決済レート等)
1. 決済が外貨による場合におけるカード利用代金(カード利用が日本国内であるものを含む)は、外貨額をVISAインターナショナルサービスアソシエーション(以下「国際提携組織」という)の決済センターにおいて集中決済された時点での、国際提携組織の指定するレートに当社が海外取引関係事務処理経費として所定の費用を加えたレートで円貨に換算します。ただし、海外キャッシュサービスについては、海外取引関係事務処理経費を加えません。
◆四国VISAカード法人会員規約
第8条(代金決済)
6. 決済が外貨による場合におけるカード利用代金(カード利用が日本国内であるものを含む)は、外貨額を国際提携組織の決済センターにおいて集中決済された時点での、国際提携組織の指定するレートに当社が海外取引関係事務処理経費として所定の費用を加えたレートで円貨に換算のうえ、前5項の定めによりお支払いいただきます。ただし、海外キャッシュサービスについては、海外取引関係事務処理経費を加えません。
◆VISAゴールドビジネスカード会員規約
第17条(海外利用代金の決済レート等)
1. 決済が外貨による場合におけるカード利用代金(カード利用が日本国内であるものを含む)は、外貨額を国際提携組織の決済センターにおいて集中決済された時点での、国際提携組織の指定するレートに当社が海外取引関係事務処理経費として所定の費用を加えたレートで円貨に換算します。ただし、海外キャッシュサービスについては、海外取引関係事務処理経費を加えません。


△ページTOPヘ